ダレナノ

宮本 三郎

宮本 三郎(みやもと さぶろう)は、石川県出身の画家です。1905年5月23日に生まれました。1974年10月13日に69歳で亡くなりました。

よみみやもと さぶろう
生年月日1905年5月23日
没年月日1974年10月13日
年齢69歳没
職業等画家
出身地石川

関係のありそうな人物

同じ頃に生まれた阿部定幡瀬川邦七郎ジャン=ポール・サルトル
同じ頃に亡くなったリュドミラ・パヴリチェンコ丸山薫前谷惟光
職業等が同じ芳賀まさお須山計一ピエール・クロソウスキー
出身地等が同じ大島鎌吉山田克郎綾錦久五郎

「宮本 三郎」をGoogleで検索する。

「1905年5月23日」をドンナヒで検索する。

宮本 三郎 - Wikipedia
宮本 三郎(みやもと さぶろう、1905年5月23日 - 1974年10月13日)は、石川県能美郡末佐美村(現・小松市)生まれの洋画家。油絵の他に雑誌の挿絵、新聞小説の挿絵も多く手がけ、戦時中は「山下、パーシバル両司令官会見図」など戦争画も手がける。国立霞ヶ丘陸上競技場の壁画や切手の原画などで知られ晩年には木版画の作品も手がけている。娘・美音子の夫は英文学者の宮本陽吉である。

名前で検索

職業等で検索

出身地等で検索

生まれた年で検索

亡くなった年で検索

生まれた月日で検索

リンク