ダレナノ

種田 山頭火

種田 山頭火(たねだ さんとうか、1882年12月3日 - 1940年10月11日)は、俳人。

よみたねだ さんとうか
生年月日1882年12月3日
没年月日1940年10月11日
年齢57歳没
職業等俳人

関係のありそうな人物

同じ頃に生まれた東郷茂徳江崎利一鳩山一郎
同じ頃に亡くなったネヴィル・チェンバレン小熊秀雄西園寺公望
職業等が同じ荻原井泉水尾崎放哉飯田蛇笏

「種田 山頭火」をGoogleで検索する。

「1882年12月3日」をドンナヒで検索する。

種田 山頭火 - Wikipedia
種田 山頭火(たねだ さんとうか、1882年(明治15年)12月3日 - 1940年(昭和15年)10月11日)は、戦前日本の俳人。よく山頭火と呼ばれる。自由律俳句で著名。1925年に熊本市の曹洞宗報恩寺で出家得度して耕畝(こうほ)と改名。本名・種田正一。「無駄に無駄を重ねたような一生だった、それに酒をたえず注いで、そこから句が生まれたような一生だった」。山頭火は晩年の日記にそう記した。その時には

名前で検索

職業等で検索

出身地等で検索

生まれた年で検索

亡くなった年で検索

生まれた月日で検索

リンク