ダレナノ

遠藤 周作

遠藤 周作(えんどう しゅうさく、1923年3月27日 - 1996年9月29日)は、小説家。東京都出身。

よみえんどう しゅうさく
生年月日1923年3月27日
没年月日1996年9月29日
年齢73歳没
職業等小説家
出身地東京
タグ芥川賞

略歴

1943年(20歳)
慶應大学に入学。
1950年(27歳)
フランスに留学。
1952年(29歳)
フランスで肺結核を患う。
1953年(30歳)
フランスから帰国。
1955年(32歳)
「白い人」で芥川賞を受賞。
1958年(35歳)
「海と毒薬」で新潮社文学賞、毎日出版文化賞を受賞。
1960年(37歳)
肺結核が再発。
1966年(43歳)
「沈黙」で谷崎潤一郎賞を受賞。
1996年(73歳)
肺炎により死去。

関係のありそうな人物

同じ頃に生まれた上口政青木一忠浜田百合子
同じ頃に亡くなった塚本信夫山下紀一郎野口明
職業等が同じ司馬遼太郎隆慶一郎矢野徹
出身地等が同じ大屋克己藤間紫鈴木清順
タグが「芥川賞」安部公房吉行淳之介小谷剛

「遠藤 周作」をGoogleで検索する。

「1923年3月27日」をドンナヒで検索する。

遠藤 周作 - Wikipedia
遠藤 周作(えんどう しゅうさく、1923年(大正12年)3月27日 - 1996年(平成8年)9月29日)は、日本の小説家。随筆や文芸評論や戯曲も手がけた。父親の仕事の都合で幼少時代を満洲で過ごした。帰国後の12歳の時に伯母の影響でカトリックの洗礼を受けた。1941年上智大学予科入学、在学中同人雑誌「上智」第1号に評論「形而上的神、宗教的神」を発表した(1942年同学中退)。慶應義塾大学文学部仏

名前で検索

職業等で検索

出身地等で検索

生まれた年で検索

亡くなった年で検索

生まれた月日で検索

リンク