ダレナノ

野口 英世

野口 英世(のぐち ひでよ、1876年11月9日 - 1928年5月21日)は、細菌学者。福島県出身。

よみのぐち ひでよ
生年月日1876年11月9日
没年月日1928年5月21日
年齢51歳没
職業等細菌学者
出身地福島

略歴

1878年(2歳)
囲炉裏に落ち、手に火傷を負う。左手の指が癒着し不自由に。
1892年(16歳)
左手の火傷の手術を受ける。
1897年(21歳)
医術開業試験に合格する。
1898年(22歳)
北里伝染病研究所の助手となる。
1904年(28歳)
ロックフェラー医学研究所に勤務。
1911年(35歳)
梅毒スピロヘータの純粋培養に成功。
1918年(42歳)
ロックフェラー財団の意向を受け、黄熱病研究のためエクアドルへ渡る。
1928年(52歳)
黄熱病により死去。

関係のありそうな人物

同じ頃に生まれたルドルフ・ジルドライヤームハンマド・アリー・ジンナー大谷光瑞
同じ頃に亡くなった張作霖伊沢蘭奢梅ヶ谷藤太郎(初代)
職業等が同じアレクサンダー・フレミングルイ・パスツールロベルト・コッホ
出身地等が同じ堀切善兵衛水野仙子中山義秀

「野口 英世」をGoogleで検索する。

「1876年11月9日」をドンナヒで検索する。

野口 英世 - Wikipedia
野口 英世(のぐち ひでよ、1876年(明治9年)11月9日 - 1928年(昭和3年)5月21日)は、日本の細菌学者。福島県耶麻郡三ッ和村(現:耶麻郡猪苗代町)出身。猪苗代高等小学校卒業、済生学舎(現在の日本医科大学)修了後、ペンシルベニア大学医学部を経て、ロックフェラー医学研究所研究員。細菌学の研究に主に従事し、黄熱病や梅毒等の研究で知られる。数々の論文を発表し、ノーベル生理学・医学賞の候補に

名前で検索

職業等で検索

出身地等で検索

生まれた年で検索

亡くなった年で検索

生まれた月日で検索

リンク