ダレナノ

村上 春樹

村上 春樹(むらかみ はるき、1949年1月12日 - )は、小説家。京都府出身。

よみむらかみ はるき
生年月日1949年1月12日
年齢68歳
職業等小説家
出身地京都

略歴

1968年(19歳)
早稲田大学に入学。
1971年(22歳)
学生結婚。
1974年(25歳)
ジャズ喫茶を開店。
1975年(26歳)
大学を卒業。
1979年(30歳)
「風の歌を聴け」で群像新人文学賞を受賞。
1987年(38歳)
「ノルウェイの森」を発表。ベストセラーに。
2009年(60歳)
エルサレム賞を受賞。スピーチ(卵と壁)が話題に。

関連する言葉

固く高い壁とそれにぶつかる卵があるならば、どんなに壁が正しく、どんなに卵が誤っていても、私は卵の側に立つだろう。

村上春樹、エルサレム賞受賞時のスピーチで

何故放送局にラジオが一台も無いんだ? 犯罪だよ、そりゃ……

村上春樹、「風の音を聴け」

週に一度、日曜日の午後、僕は電車とバスを乗り継いで医者の家に通い、コーヒー・ロールやアップルパイやパンケーキや蜜のついたクロワッサンを食べながら治療を受けた。一年ばかりの間だったが、おかげで僕は歯医者にまで通う羽目になった。

村上春樹、「風の音を聴け」

僕はなんといっても言葉のプロですから、失敗は許されません。

村上春樹、「言葉の怖さ」について

関係のありそうな人物

同じ頃に生まれたボビー・グリッチ金子成人鴨下一郎
職業等が同じ佐々木丸美黒川博行藤堂志津子
出身地等が同じ団時朗松田芳春加藤義明

「村上 春樹」をGoogleで検索する。

「1949年1月12日」をドンナヒで検索する。

村上 春樹 - Wikipedia
村上 春樹(むらかみ はるき、1949年1月12日 - )は、日本の小説家、アメリカ文学翻訳家。京都府京都市伏見区に生まれ、兵庫県西宮市・芦屋市に育つ。早稲田大学在学中にジャズ喫茶を開く。1979年、『風の歌を聴け』で群像新人文学賞を受賞しデビュー。1987年発表の『ノルウェイの森』は上下430万部を売るベストセラーとなり、これをきっかけに村上春樹ブームが起きる。その他の主な作品に『羊をめぐる冒険

名前で検索

職業等で検索

出身地等で検索

生まれた年で検索

亡くなった年で検索

生まれた月日で検索

リンク