ダレナノ

升田 幸三

升田 幸三(ますだ こうぞう、1918年3月21日 - 1991年4月5日)は、将棋棋士。広島県出身。

よみますだ こうぞう
生年月日1918年3月21日
没年月日1991年4月5日
年齢73歳没
職業等将棋棋士
出身地広島
タグ将棋名人

略歴

1936年(18歳)
四段になる。
1952年(34歳)
木村義雄との対局を拒否(陣屋事件)。
1957年(39歳)
名人戦で大山康晴に勝つ。名人位を獲得。
1979年(61歳)
引退。
1991年(73歳)
心不全により死去。

関連する言葉

錯覚いけない、よく見るよろし。

升田幸三

関係のありそうな人物

同じ頃に生まれた明瀬川傳四郎坂野惇子立田野邦清
同じ頃に亡くなった海老原博幸ジョニー・サンダース名尾良孝
職業等が同じ丸田祐三大山康晴西本馨
出身地等が同じ白石勝巳備州山大八郎大熊宗清
タグが「将棋名人」大山康晴加藤一二三米長邦雄

「升田 幸三」をGoogleで検索する。

「1918年3月21日」をドンナヒで検索する。

升田 幸三 - Wikipedia
升田 幸三(ますだ こうぞう、1918年3月21日 - 1991年4月5日)は、将棋棋士。実力制第4代名人。広島県双三郡三良坂町(現三次市)生まれ。名前は正しくは「こうそう」と読むが、将棋界では「こうぞう」で通した。木見金治郎九段門下。棋士番号18。三冠独占などの輝かしい戦績は勿論のこと、その独創的な指し手、キャラクター、数々の逸話は、将棋界の歴史を語る上で欠かすことができない。父栄一、母カツノの

名前で検索

職業等で検索

出身地等で検索

生まれた年で検索

亡くなった年で検索

生まれた月日で検索

リンク