ダレナノ

桂 枝雀(二代目)

桂 枝雀(二代目)(かつら しじゃく、1939年8月13日 - 1999年4月19日)は、落語家。兵庫県出身。

よみかつら しじゃく
生年月日1939年8月13日
没年月日1999年4月19日
年齢59歳没
職業等落語家
出身地兵庫

略歴

1960年(21歳)
神戸大学文学部に入学。1年で退学し桂米朝(三代目)に入門。
1973年(34歳)
鬱病になる。
1999年(60歳)
首つり自殺を図る。その後、意識が戻ることなく死去。

関係のありそうな人物

同じ頃に生まれたジンジャー・ベイカーカール・ヤストレムスキーコシノジュンコ
同じ頃に亡くなったジョルジュ・ミーツマイケル・モリス根本陸夫
職業等が同じ桂文生柳家小三治(十代目)鈴々舎馬風(五代目)
出身地等が同じ岸上大作加茂周佐川満男

「桂 枝雀(二代目)」をGoogleで検索する。

「1939年8月13日」をドンナヒで検索する。

桂 枝雀 - Wikipedia
桂 枝雀(かつら しじゃく)は上方落語の名跡。2代目の死後は空き名跡となっている。なお、以下の各代以外にも、昭和10年代の寄席ビラに枝雀の名が確認できる。色物だったとされているが詳細は不明。初代 桂枝雀(1862年 - 1928年11月22日)は、本名: 入江清吉。66歳没。大阪の足袋商「古滿屋」の子として生まれ、11歳で質屋に奉公に出たり家業を継いだりしていたが、芸事に興味を持ち地歌や舞踊の稽古

名前で検索

職業等で検索

出身地等で検索

生まれた年で検索

亡くなった年で検索

生まれた月日で検索

リンク