ダレナノ

小林 多喜二

小林 多喜二(こばやし たきじ、1903年10月13日 - 1933年2月20日)は、小説家。秋田県出身。

よみこばやし たきじ
生年月日1903年10月13日
没年月日1933年2月20日
年齢29歳没
職業等小説家
出身地秋田

略歴

1929年(26歳)
「蟹工船」を発表。
1933年(30歳)
特別高等警察に逮捕され獄中で死去。

関係のありそうな人物

同じ頃に生まれた梅村蓉子野中四郎天竜三郎
同じ頃に亡くなった吉野作造西ノ海嘉治郎(三代目)宮沢賢治
職業等が同じ立野信之今日出海林芙美子
出身地等が同じ新海幸藏鈴木敬信幡瀬川邦七郎

「小林 多喜二」をGoogleで検索する。

「1903年10月13日」をドンナヒで検索する。

小林 多喜二 - Wikipedia
小林 多喜二(こばやし たきじ、1903年(明治36年)12月1日 - 1933年(昭和8年)2月20日)は、日本のプロレタリア文学の代表的な作家、小説家である。秋田県北秋田郡下川沿村(現大館市)に、小作農家の次男として生まれる。当時北海道・小樽で苦難の末に事業に成功した伯父が自分の失敗によって傾いた実家の始末を負わせていた弟夫婦(多喜二の両親)への恩返しとして「小樽の学校に通わせたい」と言う提案

名前で検索

職業等で検索

出身地等で検索

生まれた年で検索

亡くなった年で検索

生まれた月日で検索

リンク